レジンテーブルと天然木一枚板テーブルの直販店

レジンテーブルお客様の声

奈良 香芝市 ワインバー様

●質問@ お店を始めようと思われたきっかけを教えてください!

○オーナー様 もともと美味しいものを食べることが大好きだったんです。
だからいつか自分のお店を持ちたかったんです。
そんな時にコロナ禍をきっかけにして、大好きなワインとお料理の愉しめるお店を
開業に挑戦してみようと思ったんです。
もともとは、山の中で「隠れ家」的な雰囲気で作りたかったんですよ。
そして、運よく見つけた、もともとBARであったお店のテナントとの出会いも大きかったですね。

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問A レジンテーブルと古材を使った新しいお店でのお客様の反応はいかがでしょうか?

○オーナー様 「めちゃくちゃいいんです!」 特にリバーテーブルは「Youtube」で観たことある!
って言われ歓声上げて喜んでいただいており嬉しくなりますよ。
みなさん、レジンテーブルや古材柱などじっと眺めながら撫でたり写真を撮られたりもしています!

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問B なぜ、レジンテーブルと古材、無垢材のカウンターなどをお店の内装に取り入れてみようと考えられたのですか?

○オーナー様 私は以前にネットでレジンテーブルを見て「これはいいなあ!」って思っていたところ
丸嘉さんのショールームで実物を拝見して、これを個室のVIPルームに置きたいって思ったんです。
古材は、インスタグラムでワインを差す画像を見つけて、これを取り入れたい!って思ったんです。
奈良にも新しい木ならたくさんあるのですが、古材の丸太を使って雰囲気を出したかったんです。
丸嘉さんは、工事をお願いした国島さんが探してご紹介いただきました。

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問C 実際に丸嘉のレジンテーブルや古材、無垢材のメインカウンターを採用いただき、
イメージ通りに仕上がりましたでしょうか?

○オーナー様 はい! 思っていた以上のお店が完成して本当に満足しています。
打ち合わせも含めて、お店を設計していただき、工事などを含め作ってゆく過程も大切にしたかったんです。
実はレジンテーブルは他社とも比較もしましたが、丸嘉さんは材木商だけあって品質がよく更に価格もリーズナブルでもありました。
そして私はレジンはブルーとクリア(透明)の2層で流すという発想にも惹かれましたね(笑)

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問D これから新たにお店をオープンされる飲食店さんやお店のオーナー様にお勧めのポイントやアドバイスがあれば教えてください。

○オーナー様 私は飲食店舗の経営の経験がなかったですが、楽しくやっていれば伝わると思います。
先日、レジンテーブルがある個室にて「20歳の誕生日のお祝いをしたいんです!」という
お客様もいらっしゃり、やはりお店とはお客様に愛され話題になるお店になればいいのではないでしょうか?

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問E ワインバーのお店で大切にされていることを教えてください。

○オーナー様 日頃からお客様の立場に立って考えることが大切だと思っているんです。
お客様がメインカウンターや個室に座った際の目線なども気にしながら常に勉強することを心掛けています。
本当のところ、いつも色々な葛藤がありますが、自分の考えを大切にし、お客様とワインの時間を愉しみながら私のことも理解していただけるお店へと育ててゆきたいと思っています。

レジンテーブル

レジンテーブル

●質問F 次回も丸嘉へ、材料などを依頼したいと思っておられますか?

○オーナー様 はい! もちろんです。
これからも引き続きよろしくお願いします。
たくさんの素材ご提案のをいただきありがとうございました!

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

レジンテーブル

●丸嘉よりのコメント

今回は奈良にてワインバーの新創業ということでお問い合わせがありご来店いただきました。
私も京都や東京でBARに行く機会も多く、お客様に愛される「木」を活かした内装の
ご提案をさせていただきました。

ご希望だった古材丸太を縦に柱として配置し、ドリルで穴を開けて見せる手法は私も木材の仕入れの際に南フランスのボルドー地区でも見たことがあります。

そしてメインルームの他に個室もご準備されるとのことでしたので「リバーテーブル」をご提案しました。
ポプラのコブ材のうねっている板を使ってナイル川の上流のイメージで制作しました。

また、メインのバーカウンターは当初メラミン材(印刷のシート)の予定でしたが、私から「バーはカウンターが命です!」と申し上げ、無垢材のタモを惜しみなく使った、アールに湾曲した「特注カウンタートップ」
併せてご採用いただきました。

何よりオーナーの南様は、明るく朗らかな美しい方で気さくで話しやすい方です。
ご自身の長年の夢を叶えるべくコロナ禍でも行動に移されたのはさすがです。

そして先日、お食事にお伺いした際は、豊富なワインの種類の中からオーナー自らチョイスしていただき、
フルコースのお料理を堪能しました。

まさに奈良に生まれた隠れ家的なお店です。
お店は会員制ですが、当社までご連絡いただければご紹介させていただきます。

今回は素晴らしいお出会いと素晴らしいお店の完成、本当におめでとうございます。
結びに、これからも益々のご繁盛をご祈念申し上げます。

株式会社 丸 嘉 
店主

レジンテーブル

レジンテーブル

↑ページの上部へ

レジンテーブル(リバーテーブル)商品一覧

レジンテーブル見学依頼について

大変恐れ入りますが,ご予約は前日までにお願い致します。

当日ご来店ご希望の方は,必ず事前にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
ご予約状況を確認の上,ご予約を承らせて頂きますので,ご協力お願い致します。
一般の方・お一人様でのご来店も歓迎です。
設計士様・工務店様とのご同伴もOKです。

レジンテーブル見学依頼

レジンテーブル(リバーテーブル)

一枚板テーブル・無垢材

一枚板のバーカウンター

表札・看板用の一枚板

天然木一枚板とレジンテーブルに関するお問合わせはこちらへ

お見積り・お問合わせ

レジンテーブル

一枚板テーブル・無垢材

一枚板バーカウンター

表札・看板

会社紹介(株式会社丸嘉)

〒612-8297
京都市伏見区横大路貴船114
TEL.075-622-1408(代)
FAX.075-622-1400
■営業時間/9:00〜17:00
■定休日/水・日・祝

営業時間/9:00〜17:00
(平日・土曜日(水曜除く))
一枚板ストックヤード、レジンテーブル見学時間
10:00〜16:00
定休日/水・日・祝
レジンテーブルご見学の方は
事前にご連絡をお願いします。
TEL:075-622-1408
またご見学の方は16時までにご入店ください。

ブログ「日々・是・感謝」

一枚板テーブル・無垢材.comのFacebook

インスタグラム一枚板

インスタグラム無垢フローリング

インスタグラム古材市場

LINE友だち追加

古材を使った飲食店作りご相談承ります。

一枚板ストックヤード見学依頼

↑ PAGE TOP

▲ PAGE TOP